長野県の北東部にあり、明治から昭和にかけて製糸の町として繁栄していました。
          内陸性気候で、果実を栽培するのに最も適し、リンゴ・巨峰の産地と して有名です
          市街地には「蔵の 町並み」が製糸産業が盛んなころの面影を残しています。
     峰の原高原、米子大瀑布、五味池破風高原などがあり自然に恵まれています。
     「フジサワ農園」は扇状地の中ほどに位置し、透水性の良い砂礫層です。
     更に、斜面は南に位置し、最も果樹栽培に適した土地です。
     また、本郷町附近は盆地で寒暖差が大きく、これが果実の甘味を増します。